宇宙技術開発株式会社

インド気象観測衛星打ち上げ!

公開日 2016.09.07|最終更新 2016.09.09

日本時間2016年9月8日(木)午後8時20分にインドの静止気象観測衛星インサット3DR(Insat 3DR)衛星を搭載したGSLV MrkIIロケットの打ち上げが実施されました。

GSLVロケットはロシア製の上段極低温推進系を使いGSLV-MarkIと呼ばれていましたが、3段を国産化したものはMarkIIと呼ばれています。2010年の初打ち上げGSLV-D3は失敗していますが、今回の打ち上げは予定時間少し延期したものの、順調な打ち上げとなりました。

インサット3DRは2,211kg、MarkIIの静止軌道への打ち上げは約2,200kgまでで、インサット3DRはぎりぎりの重量です。今後4,000kg級の衛星打ち上げが出来るよう、GSLV-MarkIIIの開発が進められているところです。

インサット3DRは、2013年打上げのインサット3Dの後継機で、静止軌道上東経74度から、気象観測を行います。ミッション期間は10年間の予定です。

source : ISRO


    関連リンク

    SEDの関連記事