宇宙技術開発株式会社

NASAサイエンス・キャストの送る金星と木星の会合

最終更新 2016.08.24

夏の空模様は、今年は雲が多く晴れることが少なくなっていますが、晴れた際にはびっくりするほど綺麗に星々が見える時があります。今年8月28日、木星と金星の会合になっています。

恒星の星々が空を一定方向に動くのに対し、地球と近い距離にある惑星は、地上からみると空を複雑に行き来します。惑星の合は、そんな動きの中で惑星同士が重なるものです。何だか言葉にすると難しいですね。

NASAのサイエンス・キャスト放映のために作成されたビデオは、子供たちへの説明にもわかりやすく編集してあります。夏のこの時期にぜひご覧ください。

なお、木星と金星の会合は日本では8月28日朝のため、すでに明るくて見ることができません。しかし、8月末のこの時期では夕方、見晴らしのよい西の地平線で木星と金星の接近している様子を見ることができます。空の明るさが残る午後7時前後までですので、双眼鏡もお勧めです。

source : YouTube