宇宙技術開発株式会社

彗星探査機ロゼッタが辿った軌跡

最終更新 2016.08.08

欧州の彗星探査機ロゼッタ(Rosetta)の2014年8月1日から2016年8月9日までの軌跡を順を追って見ることができます。通信復旧時の位置や太陽接近時の位置などがよくわかります。

このアニメーションの中では、太陽と軌道位置は実データから作成されており、彗星は位置だけで回転について考慮されていません。

<主なミッション推移>

  • 2014年8月16日 ロゼッタはチュリュモフ・ゲラシメンコ(Churyumov-Gerasimenko)彗星高度
    105kmに接近周回しつつ彗星をマッピング

  • 2014年11月12日 フィラエ(Philae)着陸機はチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星へ

  • 2015年2月14日 ロゼッタは彗星高度6kmに接近

  • 2015年3月18日 彗星高度14kmでロゼッタは予想外のガス噴出で一時通信不安定に

  • 2015年6月14日-7月9日 フィラエの通信一時復旧

  • 2016年6月23日 ロゼッタミッション延長を決定

  • 2015年8月13日 チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星太陽に最接近(1億8600万km)

  • 2016年7月28日 ロゼッタのランダー通信機器オフ、フィラエとお別れ

  • 2016年9月30日 ミッション終了へ

source : ESA


    関連リンク

    SEDの関連記事