宇宙技術開発株式会社

ドリームチェイサーがフェーズIIの飛行試験を開始

最終更新 2016.08.02

ドリームチェイサー(Dream Chaser の飛行試験機)がNASAのアームストロング飛行研究センターに輸送され、飛行試験の準備が進められています。

フェーズIの飛行試験に使われたのと同じ機体を使って、今後数週間飛行試験(自由落下させて滑空帰還)が行われる予定です。シエラネバダ社では、NASAのCommercial Resupply Services 2 (CRS-2)契約の検討も行っており、予定通りのスケジュールで進んでいます。

ドリームチェイサーの翼は折りたたんで、打ち上げロケットのフェアリング内に格納できる仕様で、与圧貨物と曝露貨物の双方を搭載可能。国際宇宙ステーションの寿命末期まで繰り返し飛行が可能です。

source : シエラネバダ社


    SEDの関連記事