宇宙技術開発株式会社

フィラエとのお別れ

最終更新 2016.07.28

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)を観測する欧州のロゼッタ(Rosetta)が、9月30日にミッション終了へと進む中、2015年7月以来連絡が途絶えている着陸機フィラエ(Philae)についても、ついにミッション終了日が宣告されました。

7月28日にロゼッタの Electrical Support System Processor Unit (ESS)をオフする予定です。この装置はフィラエ・ランダーとの通信に使われていたため、これでミッションを終えることになります。

source : ESA


    SEDの関連記事