宇宙技術開発株式会社

スペースX社ドラゴンCRS-9と国際宇宙ステーションの競演

最終更新 2016.07.21

18日(月)打ち上げられた 国際宇宙ステーション無人補給機であるスペースX社商用補給9号機ドラゴン(Space X CRS-9 (SpX-9)/Dragon)は、7月20日(水)午後7時56分に、キャスリーン・ルビンズ宇宙飛行士の操作する宇宙ステーションのロボットアーム(SSRMS「カナダアーム2」)で把持されました。

続いて20日(水)午後11時3分には地上からのSSRMS操作で宇宙ステーションに結合されました。その後21日(木)午前3時27分にハッチが開放されました。

また、日本時間20日(水)午前10時41分、まだ夜の欧州では、「オランダのライデンの夜空に追随する国際宇宙ステーションとCRS-9の姿」が写真として撮影されています。

source : ESA


    関連リンク