宇宙技術開発株式会社

木星探査機ジュノーが接近前に撮影したガリレオ衛星が木星を周回する様子

最終更新 2016.07.06

私たちは、木星の4大衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)を発見した天体物理学者ガリレオ・ガリレイに因んでこの4大衛星をガリレオ衛星と呼んでいます。

日本時間2016年7月5日(火)、木星軌道投入に成功した探査機ジュノー(Juno)は、この4衛星の姿が、6月12日1000万マイルの距離から6月29日の300万マイルの距離までの間に、徐々に近づいていく様子を映しだしました。

軌道調整を実施するためにタイムラプス映像により月の周回の様子がよくわかります。


    関連リンク