宇宙技術開発株式会社

イトカワの40億年の歴史が刻まれているはやぶさが回収の微粒子

最終更新 2016.06.22

歴史的帰還を果たした日本の「小惑星探査機はやぶさ」は、「小惑星イトカワ」から1000個を超える微粒子を回収しました。先行研究により小惑星イトカワは45億年程前は母天体があり、それが13億年前に破壊され(アルゴン-アルゴン法により昨年判明)現在の小惑星イトカワが作られたと言われています。

イトカワ表面は同種の岩石であると推測され、白黒まだらの部分となる表面は、表面上は風化しアモルファスと化した泡構造(ブリスター構造)が見られます。黒い部分が太陽風による宇宙風化でナノサイズの鉄が酸化して黒くなっていると思われます。

白い部分は、「レゴリスの流動」により風化を受けた表面に新しい面が露出される若返るしくみのためということです。

イトカワ微粒子の模様は、「宇宙風化」の部分「微粒子表面の摩耗」の部分「粒子の破断」部分「イトカワの母天体内部でのネル変成」の4つの異なるものが見られます。

今回の研究では、イトカワ微粒子を数十ミクロンの微粒子を5ミクロンのカーボンファイバーに固定、X線CTにより断面観察を行い3次元分布を観察。更に走査型電子顕微鏡SEMによる表面模様を観測し、髪の毛の太さサイズのナノメートルサイズの画像が明らかにされています。

このような非破壊の研究方式のため26個の微粒子の分析が許され、微粒子表面と内部の結晶構造の違う様子がまとめられました。

微粒子の破断面は結晶の層構造になっており、また内部の泡状構造の部分で、同心円状に再結晶成長が起こり、発達した層構造が現れています。この層構造は500度以上の高温になり徐々に冷えて構成されることがわかっており、800度以上の熱変成を受けたと言われている別の研究の裏付け、隕石に見られる構造と似ていること、地上の熱変成実験と類似が見られたということから裏付けされました。

小さなイトカワではこれほど熱くなることはないため、現在のイトカワが出来る前のイトカワ母天体が熱い時に構成したものであるということがわかり、微粒子にはその痕跡が残っているということがわかりました。

これからも微粒子に関する研究結果がどんどん発表されるということです。

source : JAXA


    関連リンク