宇宙技術開発株式会社

2日にアリゾナに現れた火の玉

最終更新 2016.06.03

現地時間の2日(木)早朝、ほんの数秒ではあるものの、アリゾナの上空を明るい火の玉が走りました。

ニューメキシコ西部の全天カメラにはっきりと映されたこれは、最新データに基づいて、直径1-2メートルで質量は数トンの小惑星と見積もられ、0.5キロトン程度の運動エネルギーを持ち、現地時間午前4時前にアリゾナ州上空で大気圏に突入、現地時間午前4時前にアリゾナに到達したと見られます。小惑星は時速64,700キロメートルの速さで移動していたと見積もられています。

今回の火球による深刻な影響は特にに検出されませんでした。周囲を照らした閃光の光と少々のソニックブームが生じたとの発表です。トント国有林の上空をペイソンに向かったのが目撃されており、アリゾナ州ツーソンの北側に散乱した隕石が落下したと見られています。

地上カメラ画像と、小惑星の軌跡のアニメーションが同じページで見ることができます。YouTubeでも見ることができます。

source : NASA


    関連リンク