宇宙技術開発株式会社

二酸化炭素濃度の増加は日本のGOSAT衛星からも発表

最終更新 2016.05.20

日本でも温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)により、二酸化炭素やメタンの観測が続けられています。地球大気全体(全大気)の月別二酸化炭素平均濃度について、2016年1月までの暫定的な解析から、2015年12月に月別平均濃度が初めて400 ppmを超過し、400.2 ppmを記録したことがわかったことが、発表されました。

世界気象機関(WMO)などいくつかの気象機関による地上観測点に基づく全球大気の月平均値では、二酸化炭素濃度はすでに400 ppmを超えていましたが、地表面から大気上端(上空約70km)までの大気中の二酸化炭素の総量を観測できる「いぶき」のデータに基づいた「全大気」の月平均濃度が400 ppmを超えたと確認されたのはこれが初めてです。これにより、地表面だけでなく地球大気全体で温室効果ガスの濃度上昇が続いていると言えます。

また、推定経年平均濃度は2016年1月時点で399.6 ppmでしたが、このままの上昇傾向が続いたと仮定すれば、2016年3月頃には400 ppmを超えた可能性があります。これにより、現在の地球大気の二酸化炭素濃度は実質的に400 ppm台に突入していると考えられます。

source : JAXA


    関連リンク

    SEDの関連記事