宇宙技術開発株式会社

JCSAT-14搭載ファルコンロケット打ち上げ成功

最終更新 2016.05.11

日本時間2016年5月6日(金)午後2時21分、日本の通信衛星JCSAT-14を搭載したファルコン9ロケットは、米国フロリダにあるケープカナベラル空軍基地より打ち上がりました。打ち上げ約3分後に第一段エンジンが切り離され、4分後にフェアリング開頭。

今回は、ファルコン9ロケット第一段の2回目の洋上プラットフォームへの降下ですが、打ち上げ約9分後に成功しています。

打ち上げ約32分後にはJCSAT-14はロケットから切り離され、静止トランスファー軌道に投入されました。7月中旬頃までには東経154度の静止軌道上から運用される予定です。ライブビデオ54分42秒のうち、打ち上げ開始は20分55秒頃に収録されています。


    関連リンク