宇宙技術開発株式会社

新ボストチヌイ基地打ち上げのソユーズロケットの残骸を発見

最終更新 2016.05.16

4月28日にロシアの新ボストチヌイ基地から打ち上げられたソユーズ2.1aロケットの残骸が、予定された落下地点で見つかりました。ソユーズロケットは環境にやさしい液体酸素とケロシンを使うロケットであり、実際にサンプルを採取した評価が行われ問題ないことが確認されました。ロシアは今回、2段の落下に関して初めてレーダー追尾を行って落下位置を確認しました。

なお、ロケットの残骸はボストチヌイ基地に運ばれ、最終的には金属リサイクルに活用される予定です。

source : ROSCOSMOS


    関連リンク

    SEDの関連記事