宇宙技術開発株式会社

フィリピン国産開発第1号の「DIWATA-1」がステーションから放出

最終更新 2016.04.28

JAXAと東北大学、北海道大学、フィリピン科学技術省(DOST)、フィリピン大学ディマン校は、フィリピン共和国の第1号超小型衛星「DIWATA-1」を、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」からの放出することに成功しました。

50kg級超小型衛星の「きぼう」からの放出はJAXAとして初めてとなります。DIWATA-1は、4月27日(木)午後8時45分頃に、筑波宇宙センターの「きぼう」運用管制チームからのコマンドにより「きぼう」日本実験棟から放出されました。

source : JAXA


    関連リンク