宇宙技術開発株式会社

火星の新しい重力マップ

最終更新 2016.03.22

火星の新しい重力マップが、マーズ・グローバル・サーベイヤー(MGS:Mars Global Surveyor)、現在も地球を周回中のマーズ・オデッセイ(ODY:Mars Oddesay)、マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO:Mars Reconnaissance Orbiter)の精密な軌道追跡データを使って作成されました。

重力マップは火星探査の際、宇宙機を正確な軌道に投入するために重要なものです。地球でも場所などの要素により変化します。火星の重力マップ図では赤や白の部分が高い値の部分、青い所が低い部分で、クレーターや高地部分、谷などをよりスムーズに表し分析されます。また太陽や月の潮汐力などによる変動から火星の内部の融解マントルが影響すること、夏冬の季節変化による二酸化炭素の大量凍結による変化なども観測されました。

火星の北極側から見た重力マップと、南極側から見た重力マップも大きく紹介されています。

また、Mars Expolarationの下記サイト(※)では、重力マップの他に、対応する高度分布と地殻の厚さの画像も紹介されています。右からMOLA Topography(高度分布マップ)、Free-Air Gravity(左右の図を組み合わせて作られた火星周回探査機が火星から受ける重力を示したマップ)、Crustal Thickness(地殻の厚さマップ)となっています。

source : NASA


    関連リンク