スコット・ケリー飛行士からティモシー・コプラ飛行士へ指揮権移譲

最終更新 2016.03.01

日本時間2016年3月1日(火)午前5時15分に、スコット・ケリー飛行士からティモシー・コプラ飛行士へ、国際宇宙ステーションの指揮権が移譲されました。2日、スコット・ケリー飛行士が乗るソユーズ宇宙船が国際宇宙ステーションから離れ、ケリー飛行士の340日間のミッションが間もなく終了します。

ソユーズ宇宙船の切り離しおよび帰還については、NASAテレビ放映があります。

国際宇宙ステーション第46次長期滞在ミッションソユーズTMA-18M

  • 送行会とハッチ閉鎖(2日午前6時15分頃)
  • ドッキング解除(2日午前9時45分頃)
  • 軌道離脱噴射(2日午後0時32分頃)
  • 帰還(2日午後1時25分頃)

source : NASA

関連リンク

SEDの関連記事


TOP