宇宙技術開発株式会社

金星極域の高温状態のメカニズムを解明

最終更新 2016.02.02

1日のJAXAの発表によると、安藤紘基宇宙航空プロジェクト研究員が率いる研究チームは、大規模なコンピュータシミュレーションから、金星の極域上空の大気に生じている特異な気温分布を世界で初めて再現し、その生成・維持メカニズムを理論的に解明することに成功したとのことです。

本研究により、1970年代の探査で明らかになった金星極域上空で気温の高い領域を冷たい領域が囲う不思議な気温分布について、数値シミュレーションによる研究から高温領域生成のメカニズムが明らかにされました。今年4月から本格観測開始予定の金星探査機「あかつき」の観測データによる実証を通し、更に金星の大気・気象への理解が深まると期待されています。

source : JAXA


    関連リンク