宇宙技術開発株式会社

オリオン宇宙船の搭乗員モジュールがケネディ宇宙センターに到着

最終更新 2016.02.02

2018年に打ち上げを予定しているNASAの次世代大型ロケットSLSに搭載する予定の有人宇宙船オリオンの無人試験機(EM-1:Exploration Mission-1)の与圧構造部が、輸送用航空機のスーパーグッピー(Super Guppy)に搭載され、2月1日、ケネディ宇宙センターに到着しました。

また、オリオンの与圧輸送用の航空機スーパーグッピーの搭載部の様子が2日の記事に掲載されています。スーパーグッピーの貨物搭載区画の大きさは25フィート×25フィート×111フィートで、23.5トン以上の貨物を搭載できます。特徴的なのは、荷物を積載しやすいよう頭部分が200度開口する形式であることです。

source : NASA


    関連リンク