宇宙技術開発株式会社

長征3Cロケットによる航法測位衛星北斗21の打ち上げ成功

最終更新 2016.02.02

中国政府および欧米メディアによれば、日本時間2016年2月1日午後4時29分に、中国の第三世代航法測位衛星である北斗21(Beidou M3-S/Beidou-21)が四川省 西昌衛星発射センターから長征3Cロケットにより打ち上げられました。

USSTRATCOMの情報によれば、打ち上げ投入軌道は21,500×21,900 km、傾斜角55.0度と伝えられています。


    SEDの関連記事