チャレンジャー事故から30年目の追悼

最終更新 2016.01.29

1986年1月28日の朝、打ち上げの73秒後に固体ロケットブースターが異常を生じて、チャレンジャー号は破壊されました。そして、乗組員7人全員の命が奪われました。

NASAでは追悼30周年の記事が公開されています。1月27日はアポロ1号の火災事故、2月1日はコロンビア号事故と続くため、NASAでは毎年この時期に過去の悲劇を忘れないよう追悼イベントを行っています。

source : NASA


TOP