天文衛星からとらえた地球のオーロラ

最終更新 2016.01.29

インテグラル(Integral)は、2002年10月に打ち上げられた欧州宇宙機関のX線天文観測衛星です。アクティブな天体活動を捉えるために、宇宙の全体を走査、様々な場所から受け取るX線を観測しています。

インテグラルが地球を眺めた時に、観測したX線観測結果が公開されています。北極域に広がるオーロラがはっきりと映し出されています。データは、2011年11月10日のもの。

source : ESA

SEDの関連記事


TOP