宇宙技術開発株式会社

国際宇宙ステーション無人補給機プログレス打ち上げ成功

最終更新 2015.12.22

国際宇宙ステーション無人補給機プログレスMS(62P)は、予定通り日本時間2015年12月21日(月)午後5時44分、ソユーズ2.1aロケットにより打ち上がりました。

その後、プログレスのドッキングに備えて急遽実施された船外活動(EVA)は、スコット・ケリー飛行士とティモシー・コプラ飛行士の2名で、21日午後9時45分から22日午前1時1分まで実施されました。

コマンド運用時に止まってしまっていたMT(Mobil Transporter)は、両側のCETAカートのブレーキハンドルを解除した後、62Pのドッキングに備えてWS4にMTを戻し、固定されました。

また、作業が早く終わったため、11月のEVAでやり残していたInternational Docking Adapter設置に備えた2本目の配線を敷設し、今後のEVAに備えて船外の工具箱から工具を回収しました。プログレスの宇宙ステーションへのドッキングは、12月23日(水)午後7時31分頃の予定です。NASAテレビ中継予定です。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事