宇宙技術開発株式会社

金星周回探査「あかつき」の軌道投入姿勢制御用エンジン噴射!

最終更新 2015.12.07

金星周回探査「あかつき」の探査機から送信されたデータの解析結果により、姿勢制御用エンジンの噴射が計画通り、約20分間行われたことが確認できました。探査機の状態は正常ですが、軌道の推定に2日程かかります。12月9日(水)18時から記者説明会が行われる予定になっています。

5年前の2010年12月7日、日本が初めて金星周回探査を行う衛星「あかつき」(Planet-C)は、軌道投入ができず、ミッションの行方が危ぶまれました。しかし、その後の状況報告に続き、すぐに長期視点でのミッション成功のための軌道投入方法の模索、立案が行われました。「あかつき」は、翌2011年11月に3回の軌道修正制御を実施、2015年7月17日、24日、31日に自動コマンドによる軌道修正制御を行うなど積み重ねが行われてきました。

対象プログラムは事前にアップロードされ12月7日(月)午前8時51分~11時30分の間に姿勢制御用エンジンの噴射とデータ受信が行われ、その結果説明について12時頃からJAXA相模原研究管理棟2階会議場で実施されました。

source : JAXA


    関連リンク