宇宙技術開発株式会社

はやぶさ2スイングバイの前に

最終更新 2015.12.01

小惑星Ryuguに向かう日本の「はやぶさ2」探査機は、2015年12月3日に、地球に近づくのを利用し速度を上げる地球スイングバイの実施を予定しています。Ryuguへの到着は2018年6-7月の予定。スイングバイ軌道3次元表示ができるアプリケーションが公開されています。また、ツイッターによる質問などのリアルタイム企画が開催されています。

また、11月26日には、搭載されている光学航法望遠カメラ(ONC-T)により、300万km離れた場所から地球と月を同時に撮影しました。その画像も公開されています。改めてその距離を感じさせてくれるショットです。応援メッセージも募集中です。

また、地球スイングバイに向け軌道の微修正を行うマヌーバ実施を3回予定していましたが、11月26日に行った2回目で十分な精度に達していたことから3回目は実施せずに臨むことになりました。


関連リンク