宇宙技術開発株式会社

プロトンロケットは通信大手の複数機打ち上げ協定締結

最終更新 2015.11.25

ILS社は、ロシアのバイコヌール宇宙基地から打ち上げを予定しているプロトンロケットの、2016年-2023年の複数機打ち上げに関して、10月末にはユーテルサット社と、11月初めにはインテルサット社と契約を締結したことを公にしています。

プロトンロケットは、過去15年間で11機のユーテルサット衛星を打ち上げてきました。2016-2023年の複数機打ち上げ契約では、ユーテルサット9B(Eutelsat-9B)が今回の契約で最初に打上げられるミッションです。ユーテルサット9Bはエアバス・ディフェンス・アンド・スペース社により製造され、ユーロスターE3000プラットフォームを利用したKu帯通信衛星です。ユーテルサット9Bは、欧州のデータ中継衛星となるEDRS(European Data Relay Satellite System)初のデータ中継機器を搭載します。

インテルサット社は、2016-2023年のプロトンロケット打ち上げ契約を5つ締結しました。現在までの打ち上げの信頼関係を重視し、信頼を回復することを目指しています。インテルサット社は、過去18年間で計11機のインテルサット衛星をプロトンロケットで軌道上に無事打ち上げてきました。

source : 10月30日ユーテルサット複数機打ち上げ契約(ILS社), 11月11日インテルサット複数機打ち上げ契約(ILS社)