宇宙技術開発株式会社

12月4日打ち上げ予定のシグナス最終準備の様子

最終更新 2015.11.12

NASAケネディ宇宙センターの宇宙ステーション打上げ準備施設SSPF(Space Station Processing Facility)で、12月4日打ち上げ予定のオービタルATK社商業補給サービスフライト4号機(Orbital 4/Cygnus)シグナスに対する準備作業が行われています。SSPFでの作業は、8月10日から実施されており、10月19,20日には貨物の積み込みが開始されました。

10月22日には、与圧カーゴモジュール(PCM)が垂直に立てられ、サービスモジュールとの結合が行われて、ペイロードハザードサービス設備PHSF(Payload Hazardous Servicing Facility)へ移動しました。PHSFでは、推進薬の充填が行われた後、再び水平状態にしてレイトカーゴの積み込みを行う予定です。その後、垂直状態に戻され、11月17日にペイロードフェアリングに収納される予定です。

シグナスを搭載するアトラスVロケットの1段は、11月8日に船で到着、上段のセントール段は10月27日に到着しています。これらは11月20日射点に運ばれて結合が行われる予定です。

source : NASA


    関連リンク