中国地球観測衛星Tianhui-1C打ち上げ成功

最終更新 2015.10.27

中国および欧米メディアの伝えるところによると、日本時間2015年10月26日(月)午後4時10分頃に、中国の長征2Dロケット(Long March 2D)による、天絵一号(Tianhui-1C)の打ち上げが実施されました。天絵一号は、3Dマッピングを行うために開発され、地球観測衛星の分類にあたります。

SEDの関連記事