宇宙技術開発株式会社

商業通信衛星APSTAR-9搭載の長征3Bロケット打ち上げ成功

最終更新 2015.10.19

欧米メディアおよびAPSTAR社によれば、10月17日(土)午前1時16分、四川省 西昌衛星発射センターから通信衛星APSTAR-9を搭載した長征3Bロケットが打ち上げられました。

APSTARは香港中心の通信サービスを実施しており、APSTAR-9はAPSTAR社の衛星として初めて中国のDFH-4衛星バスを採用しています。APSTAR-9は、東経142度の静止軌道上からCバンド、Kuバンド帯の通信放送サービスを展開予定です。なお、打ち上げ日時に誤りがありましたので修正いたしました。


    関連リンク

    SEDの関連記事