中国初の商業用リモートセンシング衛星打ち上げ成功

最終更新 2015.10.08

中国および欧米メディアの伝えるところによると、日本時間2015年10月7日(水)午後1時13分頃に、中国の長征2Dロケット(Long March 2D)による、吉林一号(Ji Lin 1)及び相乗りで打ち上げられた小型の地球観測衛星3機の計4機の打ち上げが実施されました。吉林一号は中国初の商業用リモートセンシングミッションとのことです。

SEDの関連記事


TOP