宇宙技術開発株式会社

火星にはそれでも水は流れる

最終更新 2015.09.29

古代火星の大気は薄いままだったこと、予想よりも少し寒かったなどといった発表がNASAから出される中、現在でも火星表面を水が流れる場面があるとNASAからは、証拠が示されています。水の存在は生命の可能性を論じるためにはとても重要なポイントとなります。

この記事で示される画像は、現在も火星を周回探査するNASAのマーズ・リコネッサンス・オービターのデータの疑似カラー画像(近赤外・赤・緑・青の波長を利用)で、火星のヘール(Hale)・クレーターに見られるものです。高さ方向は1.5倍に強調されていますが、はっきりとした層状の模様が斜面に沿って見られます。またこの斜面には水酸化塩が検出されており、こうした筋が液体水で形成されたことが裏付けられているといいます。

暖かい季節には暗い筋が現れ、寒い季節にはそれが消失する季節変化が見られ、火星表面が摂氏マイナス23度より上の時に暗い筋が現れます。これは塩水であるかもしれませんが、確かに表面のそうした変化が液体水の存在を示しています。この筋状の下り斜面はRSL(recurring slope lineae)として知られておりしばしば液体水との関連の説明をしてきました。

過塩素酸塩といわれる水和した鉱物は非常に寒い時にも液体が凍結するのを防ぎますが、火星の着陸機のフェニックス(Phoenix)やキュリオシティ(Curiosity)は火星土壌にその成分を検出しており、今回画像化したマーズ・リコネッサンス・オービタでは、高解像度カメラHiRISEと、コンパクト調査画像処理分光計CRISMによる鉱物マッピングで広範に明らかにされています。9月28日付のネイチャー・ジオサイエンス誌論文で読むことができます。

source : NASA