宇宙技術開発株式会社

米国西部の干ばつを受けて

最終更新 2015.09.18

ここのところ毎年干ばつや自然火災に悩まされていた米国ですが、2015年は特に西部で深刻な水不足にも見舞われました。これをうけて、NASAでは、米国全土の水分マップ「表層土壌の水分」「地表約13mほどの根源的ゾーンの水分」「浅い帯水層に含まれる土壌水」(マップ上から順に)を公開しました。

2015年9月14日のGRACE衛星データの他、他の衛星データと地上基地データの計測を併せ9月中旬における状態を示したもの。暗い赤で示された場所は2%以下。米国西部は長期間すべての深さにおいて深刻な干ばつの状態にあります。

カリフォルニアに水をもたらす山岳地の雪は1500年代以来最も低くなっているそうです。ワシントン州とオレゴン州も9月半ばでは同様に深刻な干ばつ環境にあり、積雪の低さはこれら州の干ばつに一役買っているとのことです。

source : NASA