宇宙技術開発株式会社

「情報収集衛星」による台風18号(温帯低気圧)による被災地域の加工処理画像の公開

最終更新 2015.09.14

2015年9月9日から10日にかけて、台風18号(温帯低気圧に変化)の影響により豪雨が発生し、栃木県、茨城県などを中心に各地で河川の氾濫や土砂災害などの被害が発生しました。

内閣官房のホームページでは、9日公開の考え方を提示、11日の午前の画像を概況図と共に被災画像として公開しました。11日(金)には、GPMおよびだいち2号(ALOS-2)の緊急観測情報などもJAXAから公開されています。

GPM衛星による南北に伸びた上空10kmまでの立体降雨情報および、だいち2号の10日時点の浸水可能性域などが公開されています。

source : 内閣官房


    関連リンク