宇宙技術開発株式会社

欧州航法測位衛星ガリレオシリーズ9号と10号打ち上げ成功!!

最終更新 2015.09.14

欧州航法測位衛星ガリレオシリーズ9号と10号(Galileo FOC-M3 / SAT 9-10)が、日本時間2015年9月11日午前11時8分、仏領ギアナ基地より打ち上げられました。打ち上げ後約9分24秒で第3段の切り離し、3時間48分後には2機とも切り離され、それぞれの軌道に向かいました。

ガリレオシステムの全体像は、24機とスペア機6機の合計30機から成り、上空2万3,222kmの高度で複数機のガリレオ衛星が同じ軌道面に設置され、軌道面も56度ずつ変更して交差する配置で完成します。初期サービスは2016年終わりに開始、2020年までに完成を予定しています。

また、ガリレオ11号機と12号機のうち片方はまだESAのESTEC技術センターで試験中ですが、もう片方はすでにチェックが完了しており、10月後半に発射場のクールーに向けて出港を予定しています。また、13号機はESTECで熱真空試験中で、14号機も月曜に到着しています。

source : ESA


    関連リンク

    SEDの関連記事