宇宙技術開発株式会社

オリオンパラシュート展開実験成功

最終更新 2015.08.27

アリゾナ州米軍基地内ユマ実験場で、オリオン(Orion)宇宙機の大気圏突入降下、パラシュート展開の実験が行われました。昨年12月5日に実施された試験機のロケットによる高高度までの打ち上げ・落下とは異なりますが、航空機で高度10.5kmほどに上昇、そこから落下した試験機が、2つのドローグシュートのうち1枚、3つのメインシュートのうち1枚が展開できない状況での能力を試験しました。

試験は成功し、無事着地しました。来年からは飛行士の搭乗の場合の安全性を確保する観点から、3年以上の間に8回の航空機による落下試験を行い最終的な設計として品質認定を実施していく段階にはいります。今回の試験はその試験シリーズにはいる前の位置付けとなります。

source : NASA