ミャンマー洪水時の画像

最終更新 2015.08.18

2015年7月26日にベンガル湾に達した台風による悪天候で、ミャンマー中部で7月末から広範な地域が洪水になりました。JAXAではだいち2号の広域観測モードによる観測で被災状況を把握し、高分解モードにより被災地区の状況を更に高い解像度で把握しています。だいち2号(ALOS-2)の7月28日取得画像が紹介されています。
ミャンマーの洪水に関しては、ESAで、8月1日の時点のセンチネル1A(Sentinel-1A)衛星画像による浸水マップが、公開されています。*1

また、欧州コペルニクスプログラムでは、イタリアのコスモスカイメッド(Cosmo-SkyMed)衛星のデータによるマップも公開されています。*2
いずれも雲で光学では撮影できない場合に威力を発するSARによる観測を実施しています。

※なお、混雑時は必要な方が優先してアクセスできるようご配慮願います。

source : JAXA


TOP