イタリア人宇宙飛行士として再度宇宙ステーション長期滞在へ

最終更新 2015.08.03

国際宇宙ステーションの第52次および第53次長期滞在ミッションの搭乗員として、このたびイタリア人として3人目の長期滞在飛行士パオロ・ネスポリが正式に任命されました。

彼は過去に、2007年のスペースシャトルSTS-120に初めて搭乗、第26次および第27次長期滞在ミッションに参加して160日間の長期滞在記録を持っています。前回は欧州宇宙機関ESA搭乗員としての資格での搭乗でしたが、今回はイタリア宇宙機関ASIの搭乗員として再び5か月の長期滞在に臨みます。

source : ESA


TOP