宇宙技術開発株式会社

準惑星セレスの地形図の公開

最終更新 2015.07.29

NASAの小惑星探査機ドーン(Dawn)は、準惑星セレス(Ceres:ケレスともいう)を周回探査中で、上空4,400kmの周回軌道から上空1,450kmの更に低い軌道周回に遷移している最中にあります。今までの観測データを用い、作成された地形図では、表面より6,000mほどの高さの起伏に富んだ地形がわかります。新しく名づけられた中にはOccatorという直径約90kmほどの明るいクレーターも含まれています。

※セレスは火星木星間の小惑星帯にある最大の天体で、直径が約950km、約9時間で自転しています。

source : NASA