宇宙技術開発株式会社

アースキャスト(Urthecast)社はディモス(Deimos)衛星の運用およびアーカイブ取扱いに合意

最終更新 2015.06.29

スペインのエレクノア・ディモス(Elecnor Deimos)社の技術部門とカナダのアースキャスト(Uethecast)社は、22日付ニュースで、地球観測衛星のディモス(Deimos)1号と2号の運用と画像取扱いについての協定締結を明らかにしました。

74.2百万ユーロ相当で8月21日までに買収契約が締結される予定ということです。ディモス2号は2014年6月打ち上げられ、75cmの分解能を持ちます。

アースキャスト社は、19日付ニュースでも、2019年と2020年に光学観測機4機、レーダー観測機4機、計16機の小型商業地球観測衛星の打ち上げを計画しており、衛星について英国SSTLとのパートナーシップを締結したことも明らかにしています。

source : アースキャスト社


    関連リンク

    SEDの関連記事