ロゼッタ着陸機フィラエの状況

最終更新 2015.06.29

14日に長い沈黙を破って通信が復活したチュリュモフ・ゲラシメンコ(67P/Churyumov- Gerasimenko)彗星に着陸したフィラエ(Philae)と周回機ロゼッタ(Rosetta)。その後、1日約2回のペースのリンクは確立しています。

ただ安定した通信ができるほど長い期間の通信が確立できず、有効なデータが得られる状況に至っていません。今後の通信確立のための運用、ロゼッタ側の軌道も変更を実施して、積極的に安定した通信リンクを得られるようミッションが進められます。

source : ESA


TOP