ゴビ砂漠に増設される太陽電池パネル

最終更新 2015.06.17

中国の最初の大規模太陽発電設備が、ゴビ砂漠に大規模に設営されつつあります。NASAの地球観測衛星EO-1に搭載されているALIセンサが撮影した2012年10月15日と2015年5月22日の画像の様子が捉えられています。(「VIEW IMAGE COMPARISON」をクリックすると2時期画像を比較しながら見ることができます)

中国北西部甘粛省のトンホワン郊外に位置し、2006年には何も無い裸地が広がっていました。チャイナ・デイリー紙によれば2014年には5.2ギガワット、2015年には更に0.5ギガワットの追加生産能力となっています。PVマガジンでは2014年に28.05ギガワットから10ギガワット追加し前年度の200%増、2015年第一四半期に5ギガワットの追加生産能力となったと報じられています。

source : NASA


TOP