X線天文衛星「すざく」状況について

最終更新 2015.06.15

2005年7月10日に打ち上げられたX線天文衛星「すざく」(ASTRO-EII)は、目標寿命の約2年を超えて運用しておりましたが、2015年6月1日(月)の運用以来、衛星の動作状況を知らせる通信が間欠的にしか確立できない状態が続いています。

「すざく」は日米国際協力により製作が進められ、打ち上げ後約9年にわたり観測データを取得し、銀河団外縁部に至るX線スペクトルを初めて測定する等、様々な成果をあげています。

しかし、一方でバッテリの劣化が進み、観測継続のためにバッテリの使用方法を工夫しながら運用を続けている状態で、間欠的な運用を余儀なくされています。

今後少なくとも1~2ヶ月間にわたって正常観測への復帰を目指し、まずは姿勢の安定と、安定した電源を確保する方法を模索することになります。

source : JAXA


TOP