国際宇宙ステーション長期滞在3名の帰還

最終更新 2015.06.12

国際宇宙ステーションの第42次および第43次長期滞在ミッションを務めた3名の宇宙飛行士、サマンサ・クリストフォレティ飛行士、テリー・バーツ飛行士、アントン・シュカプレロフ飛行士が、日本時間6月11日午後10時44分帰還しました。

予定通り、午後7時20分頃にステーションと分離、軌道離脱噴射は午後9時51分から行われました。テリー・バーツ飛行士の宇宙滞在記録は計212日間に、シュカプレロフ飛行士は364日間に、リストフォレティ飛行士は199日間になりました。

3人は流石に疲れは見せていたものの、シュカプレロフ飛行士、バーツ飛行士、クレストフォレッティ氏の順に笑顔でスタッフの言葉に応対する様子がESAライブでも撮られています。NASAビデオではインタビューも撮影されています。

source : NASA


TOP