宇宙技術開発株式会社

米国の海洋環境探査衛星Jason-3の予定

最終更新 2015.05.22

米国の海洋大気庁NOAAでは、今年7月22日にジェイソン3号機(Jason-3)の打ち上げを予定しています。Jason-3は、海面高度を計測する衛星としてNASAだけでなくフランス宇宙機関CNESや欧州の気象衛星機関EUMETSATとも協力関係を結んでいます。

既に1992年からTOPEX/Poseidon衛星により開始された衛星からの海表面高度の計測は、Jason1、Jason2に受け継がれ23年間続けられてきました。今日のハリケーンの大型化による気象情報や沖合作業者への波浪情報、海洋環境モデルへの貢献、エルニーニョ・ラニーニャ現象の予報などのために情報を取得することが期待されています。

搭載センサーは、ポセイドン3B高度計(Poseidon-3B Altimeter)、衛星位置を高精度に決めるため必要な2周波を利用するDORIS(Doppler Orbitography and Radiopositioning Integrated by Satellite )、水蒸気によるマイクロ波の伝送の遅れを利用したマイクロ波放射計AMR-2などの6装置。

source : NOAA