国際宇宙ステーションの軌道上昇噴射と近況

最終更新 2015.05.19

ロシアのROSCOSMOS報道によれば、国際宇宙ステーションに現在接続している無人補給機プログレス58を用い、日本時間5月18日(月)午前9時30分から1922秒間軌道上昇のための噴射が行われ、国際宇宙ステーションは高度を2.8km上げました。

この噴射は、6月11日に帰還を予定している国際宇宙ステーション搭乗員3名のソユーズTMA15Mのための軌道調整を実施したもので、6月7日にも軌道調整のための噴射が予定されています。

source : NASA

関連リンク


TOP