世界最高水準の全世界標高データ(30m版)の無償公開

最終更新 2015.05.18

標高データセット(DEM)の精度(水平分解能、高さ分解能)は、地理情報を正確に示すため、とても重要なデータです。地球観測の画像情報とも、常に対で考えられています。精度が求められる場合、航空機や高分解能の衛星画像やレーダー情報を使い、高額になることも知られています。

そのため、まだよく利用されている標高データは無償版が多く、昔から広く普及している1kmメッシュ高さ分解能10mのGTOPO30や、シャトル観測のSRTM3(90mメッシュ10m分解能)、近年では日本のASTERによるGDEMの30mメッシュ7-14m分解能データが普及してきているところになります。

この程JAXAから、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による観測画像を用いて整備した、全世界の陸地の起伏を水平方向30mの細かさで表現できる標高データセット(30mメッシュ版)の無償公開が開始されます。日本を含む東アジア、東南アジア域から公開を開始し、順次、全世界の陸地(緯度82度以内)に拡大される予定です。

JAXAは、30mメッシュ(水平分解能)高さ精度5m(標準偏差)のデータの無償公開に踏み切ることになります。なお、海外でも近年は地球観測衛星データ中心に高分解能の高度データ(DEM)整備が進められています。

source : JAXA


TOP