プログレスの大気圏突入

最終更新 2015.05.08

日本時間2015年4月28日に打ち上げられた国際宇宙ステーション無人補給機プログレス59は、打ち上げ時に問題発生のため、その後の軌道・姿勢制御ができないまま推移していました。

NASAおよびROSCOSMOSの伝えるところによれば、プログレス59は、日本時間5月8日(金)午前11時4分に大気圏突入、太平洋上に落下しました。ロケットの問題など正式な状況は、13日に事故調査委員会が見解を示す予定です。

source : NASA


TOP