GPMによる昨年の低気圧発達状態の追跡

最終更新 2015.04.06

昨年2月に全球降水計画主衛星(GPM主衛星)が打ち上げられてから1年以上が経過しました。昨年の成果として、NASAとJAXAは共同で新しい降雨マップを作成しています。

昨年発達した低気圧と降雨の状況を地域毎にムービーとしてまとめられています。GPM主衛星により30分毎に更新されるデータは気象観測に役立てられます。

なお、GPMシステムは主衛星だけでなく、他の副衛星と複数衛星のコンステレーションを形成し世界規模のデータを取得しています。

source : NASA


TOP