木星のオーロラは高速自転により引き起こされる

最終更新 2015.03.25

火星のオーロラや木星の月ガニメデでのオーロラについても報道される中、今度は木星自身のオーロラ現象に関わるニュースです。

木星は地球の1000倍以上もの強い磁場を持ち、木星と共に約10時間で1回高速自転しています。木星の月イオからは、平均毎秒約1トンのプラズマが放出され続けており、木星では、衛星イオ由来のプラズマや太陽風と木星磁気圏との相互作用によるオーロラの常時発生が観測されてきました。

しかし、今までの明るさの増すオーロラ爆発の断片的な観測では、オーロラ爆発の原因が太陽風なのか木星自身なのかはっきりしていませんでした。研究チームは惑星分光観測衛星「ひさき」を用いた観測により、太陽風が静かなときにも木星のオーロラが突然明るくなる爆発現象を連続的に捉えることに成功、これは、オーロラ爆発が木星の磁力と高速自転によって引き起こされる事を示唆しています。

また、ハッブル宇宙望遠鏡の木星のオーロラの詳細撮像データから、木星のオーロラ爆発は木星磁気圏の全体が急速に活性化して起きている可能性が高いこともわかりました。

source : JAXA


TOP