米国次期基幹ロケットの名称

最終更新 2015.03.24

米国のユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)社は、米国の次世代基幹ロケットの名称について最終投票を募っています。最終選考に残ったのはイーグル(Eagle)、フリーダム(Freedom)、ギャラクシー・ワン(GalaxyOne)の3つ。

イーグルは戦闘機を、フリーダムは国際宇宙ステーション計画の初期の名前を連想させるもののいずれもロケット名称としては初めて。先のアレスロケット計画が白紙に戻されたこともあってこちらは候補には入っていないようです。ULA社社員が提案した400以上の名前からこの3つがトップ3となっています。

投票結果は機体デザインと共に、4月13日に発表される予定です。最初の打上げは2019年に予定されています。

source : ULA社


TOP