宇宙技術開発株式会社

欧州航法測位衛星6号機も軌道修正完了

最終更新 2015.03.16

欧州宇宙機関ESAの航法測位衛星ガリレオ(Galileo)シリーズの5, 6号機は、昨年8月に打ち上げられましたが、フレガットロケット上段の不具合により正しい軌道に上がれず、より低い軌道を楕円状に周回していました。

5号機の軌道修正が昨年まず行われ、今年1月半ばから6号機も14回にわたって軌道修正スラスタが噴射され、軌道修正を完了しました。近地点高度13,713kmと遠地点高度25,900kmの楕円軌道から、近地点が3,500kmほど上げられた、より円軌道に近い軌道に修正されました。

source : ESA


    関連リンク