木星の月ガニメデでも大規模な地下海洋の存在立証

最終更新 2015.03.13

土星の月「エンケラドス(Enceladus)」での凍った表面下の海洋の仕組みに関する仕組みの検証がされましたが、今度は木星の月の中でも最大のガニメデ(Ganymede)で、同じように凍てついた表面の下に大規模な地下海洋が広がっている可能性が指摘されています。この可能性の実証として、研究者達はハッブル望遠鏡の取得するガニメデのオーロラのデータを利用しました。

ガニメデの両極に発生しているオーロラは木星磁場により変動・揺らぎます。磁場に対応するその変動や揺らぎの計測により、その存在が明らかとなりました。結果からは、ガニメデの地下に広がる海水は、地球上の海全てを合わせたよりも多くの量存在することがわかっています。

source : NASA


TOP